日々の思う事

5億年ボタン

以前、「5億年ボタン」という作品をネット上で初めてみて、哲学的でショッキングだったので
時間が経ても思い返す怖いけど好きな話の一つです。
実際、私自身が5億年ボタンを何度も押しているのにまったく気が付かず、同じことを繰り返してるかも!と思うと恐ろしい~知らないままが幸せ?いや、真実が知りたい。
赤と青の錠剤、どちらを選びますか?のように「マトリックス」ぽい世界で不思議な気持ちになります。

「内容は何もない空間で5億年過ごすだけで100万円が貰えるというアルバイトを持ち掛けられる。

ボタンを押すと何もない空間での5億年がスタート。

何もない空間・・そこは餓死などの心配もなく、寝る事も出来ない。
5億年を1人で苦痛や後悔、妄想、悟りを経て過ごす。

5億年が経過すると、全ての記憶が消去され元の場所へ戻る。

そして100万円を手に入れる。

押した本人はただ100万円が出てきた様な錯覚に陥るが、実際は気が狂う程の5億年を過ごしている。

記憶がなく、何の事も起こらず100万円をもらったような感覚なので再びボタンを押してしまい、
また気の長い5億年を何もない空間で過ごす。

自覚がないまま5億年をずっと繰り返すというもの」

5億年という時間が長すぎてピンときませんが、地球で言うとカンブリア紀型動物群が進化を始める頃から現代までが大体5億年だそうです。

ネット上では【ボタンを押す派】と【押さない派】で議論が盛り上がったこともあったそうですが、私が感じてることはすでに5億年ボタンを押してる状態の現在だと思ってます。
深く考えすぎると宗教にも宇宙空間、多次元宇宙にも考えが飛んだりするので際限がありませんが、
結局は物欲に惑わされず今を忠実に生きようということにいつも辿り着きます。

死後の世界がどうなのかは分かりませんが、仏教の「輪廻転生」にも繋がるような話で考えさせられるいい作品なのでこれからも時々思い返して考察を楽しんでみようと思います。